• 特技 「一生懸命」(川口)
    各中学や高校で定期テストが近づいてきました。 ある中学1年生の子を見ていて思うことがあります。 その子は毎日塾にきます。 明日成において毎日塾に来るということは それほど珍しい事ではりません。 その子は夕方から塾に来て夜 […]
  • 見える化したカリキュラム(川口)
    今やるべきことを淡々とこなせる人は大丈夫ですが、 僕はそういうタイプではありません。 やらないといけないことはどれだけあって、 今はどのくらいできているのかを確認しながら進めたいです。 まぁ子供たちの中にはやれと言われた […]
  • 高校生はテストが○割(瑛作)
      長良校では5/14(土)から 高校生のテスト勉強会がはじまります。   5月末から6月上旬にある前期中間テストに向けて 明日から約3週間   ・通常授業での高校別テスト対策授業 ・土日のテスト勉強会 ・毎日使える自習 […]
  • 最初だけ頑張ればいい(川口)
    何でもそうだと思いますが最初が一番辛いです。 特に勉強の最初って本当につらいですよね。 僕は今ある学問の問題集を毎日解いているのですが、 問題集の1周目を解いていた時は本当に毎日心が折れそうでした。 毎日学習の記録を付け […]
  • 最初のテストが肝心要(浅野)
    本日は長良校からお届けです。 来週からは月曜日に羽島校に出没する予定です。 文字通りいろんな校舎を行ったり来たりという日々です。 そんなことはさておきGWが終わりました (明日までがGWだという人もいるみたいですが) コ […]
  • 目的がずれている(川口)
    手段と目的がずれてしまうことってありますよね。 塾講師としてよく聞くのは、 「ノートを綺麗にとりすぎる問題」です。 本来、生徒の目的は、 ・授業の内容を理解すること ・テストで点数を上げること で、手段が、 ・ノートを綺 […]
  • ダニング・クルーガー効果(浅野)
    ダニング=クルーガー効果とは 「正しく自己評価ができず、過大評価してしまうこと」だそうです。 認知バイアスと呼ばれる心理現象のひとつで、 これまでの経験・先入観・直感などが作用して実際の評価と乖離した「錯覚」のことを意味 […]
  • 意識、行動、継続、修正(川口)
    目に見えて勉強のペースが上がる生徒がいます。 明らかに「ギアチェンジ」をする生徒です。 意識を変えて、行動を変えるというのは決して簡単ではありません。 そこに「継続」と「修正」を加えると、もう最強です。 意識、行動、継続 […]
  • やる気を出すには(瑛作)
      新年度になり、早くも3週間近くが過ぎようとしています。   4月になったタイミングでした決意、どれほど実行に移せているでしょうか。       人間どうしても、言い訳を考えて先延ばしにしてしまうことが多くあります。 […]
  • ガウス記号的、努力(川口)
    皆さん、「ガウス記号」はご存知でしょうか? []←こういう記号です。   辞書によると、 『ある実数を超えない最大の整数を表す[ ]の記号』と表記されます。 高校の数学で登場する内容ですね。   要するに、 [0.78] […]
  • 始めるのは早い方がいい(瑛作)
    多くの方にご参加’いただいた春期講習も終わり 4/7より新年度の授業がスタートしました。 ありがたいことに、春期を体験した多くの方が 4月以降も明日成で頑張ってくれることになり 大変ありがたく思います。 さて、新年度とい […]
  • 圧巻、天才、神業・・・(川口)
    今年度最初のブログを書かせて頂きます。 生徒を全力でサポートすることはもちろんのこと、 辛い勉強に対して少しでも前向きに 取り組んでもらえるように様々な 工夫もしていこうと思っております。 今年度もどうぞよろしくお願い致 […]
  • 各塾の緊張と緩和(川口)
    先日、春期講習の日程がすべて終了しました。 ご参加頂いた皆様ありがとうございました! 少ない日数ではありますが明日成の雰囲気を 感じて頂けたのではないでしょうか。 塾であることは間違いないので授業は真面目にします。 授業 […]
  • 悔しいものは悔しい(川口)
    先日、高校入試の結果が出ました。 明日成長良校は全員合格とはいきませんでした。 気軽に扱えるテーマではないですし、 僕もとても、とても悔しくて、 このブログの記事を何度も書いたり消したりしています。 議論を重ねて受験する […]
  • 中学生が内申を上げるための作戦【文章長め】(川口)
    そんなに単純な話ではないことは分かっていますが、 どうやったら中学生の内申が上がるかということについて考えてみました。 中学生を経験したすべての人が一度は考えるテーマだと思います。 何を今さら書き始めたのかと思われている […]