英語を始めるなら、小学生から🔤

明日成の小6英語では、中学校同様の形式で、年に3回期末テストを行っています。小学生向けの易しいものではなく、現中学生が解いてもおかしくない筆記の力が試されるものになっています。

ただ、受けるだけでは意味がありませんので、この期末テストに向けて、中学生同様にテスト勉強を進めていきます。このテスト勉強を乗り越えてきた子どもたちの本領が発揮されるのは、実はこのぐらいの時期になります。

「そんなに先!?」と思われるかもしれませんが、中1の英語は、最初は簡単すぎて、差が出ません。90点以上が当たり前です。

ところが、後期中間テスト(11月ぐらい)になると、小学校の時に、明日成で英語を学んできた子と、そうでない子の差がどうしても出てしまいます。

<中学1年生 後期中間テスト平均点>

小学生から明日成で英語を受講していた生徒    中学から入塾した生徒     
91.3点82.1点

「数点の差」と思われるかもしれませんが、内申点で「5」か「4」になる微妙なラインだと思います。教科書が改訂され、中学英語は難易度がかなり上がっています。先日も高1が中学生の教科書を見て、その変貌ぶりに驚いていました。中学での英語を心配されている方は、小学校からの学習をお勧めします。

前の記事

たこの人形(藤江)

次の記事

鴻門之会 剣の舞