• 中3生と新年のお参りへ(鎌田)
    新年あけましておめでとうございます。 今年も宜しくお願い致します。 本日より、友学館の中3生授業がスタート致しましたが、 まずは、毎年恒例、中3生たちと一緒に氏神様にご挨拶に行ってきました。 いつもは自分1人でのお参りで […]
  • 2022年もありがとうございました(鎌田)
    今年もたくさんの方の支えがあって、友学館を運営させて頂きました。 2022年はいくつかのイベントも行うことができましたが、 今年の締めくくりとして、生徒1人1人への手紙を書きました。 これだけの数の手紙を書くことが普段あ […]
  • 23年ぶり(鎌田)
    今日は美山中学校の運動会に行ってきました。 ここのところの傾向のようで、美山中学校も午前中のみの開催でした。 また、勝敗を決めることがアレのようで、 最終的に赤か青のどちらが優勝ということはありませんでした、、、。 (こ […]
  • 4000週間(鎌田)
    少し前に読んだ本に 「人が80年生きるとして、それが何週間であるかというと4000週間である」 と書かれていました。 人によって感じ方が違うとは思いますが、 僕は「えっ!それだけしかないの!?」と思いました。 今でもハッ […]
  • ありがとう(鎌田)
    まだまだ暑さはありますが、お盆休みも明けて、 夕暮れには秋を感じさせる虫の声が聞こえ始めました。 生徒たちの夏休み突入と同時に始まった『夏期講習』も そろそろ終盤に向かっています。 今日もお昼から校舎を開けていましたが、 […]
  • 夏期講習前の無料体験!(鎌田)
    明日成の夏期講習前無料体験授業 →  無料体験について | ASUNA 2022年も6月が終わると早くも半年が過ぎますね。 夜の田んぼからはカエルの合唱が響き(僕はこれが結構好きです♪)、 だんだんと暑くなってきており、 […]
  • 嬉しい差し入れ(鎌田)
    友学館には水曜日と土曜日に明日成のBOSS加藤先生が登場します。 そしてつい先日の土曜日は、中学1年生が研修旅行のお休み分の振替として 2階でぼくの授業を受けていました。 すると、「今日は暑かったからね~~~」と言って […]
  • お久しぶりの部活動見学!(鎌田)
    『Viva 部活動!』のブログにもありましたが、 ぼくも一緒に友学館のバスケ部生徒を応援に行ってきました! ここのところずっと観戦が難しい状況でしたが、 今回は見学OK & タイミングが合いましたので、 しっかりと応援さ […]
  • 友学館も期末テストが近づいています(鎌田)
    明日成の先生たちのブログから期末テストの気配を感じる今日この頃ですが、 友学館でもそろそろ期末テストが射程圏内に入ってきました。 友学館地区(明日成最北端の地!)である 美山中学校、武芸川中学校はこの時代に珍しく今でも3 […]
  • 友学館から定員についてのお知らせ(鎌田)
    今年も5月の半ばに入りまして、友学館では中学生の1学期期末テストまで あと一か月というところです。 今回は友学館の定員についてのお知らせです。 友学館では、現在感染症予防策を考慮しまして、各学年で生徒の上限数を設けており […]
  • 友学館 新年度スタート!(鎌田)
    今年も桜がキレイです♪ 先日、山県市屈指の桜の名所『鳥羽川サイクリングロード』にて うちの子と甥っ子・姪っ子と子供たち計6人で撮影会をしましたが、 てんやわんやで大人たちも大変でした(゚Д゚) 満開の桜の中、各学年入学式 […]
  • うれしい贈り物(鎌田)
    友学館の中学3年生Rくんは進学先決定第1号です!♪ 先日、親御様が御礼のお品ということで、大きな段ボールを持ってきて頂けました。 何だろう??と中を開けてみると、写真の光景!! 『嬉しい!!』 それが率直な最初の感想です […]
  • 新年のお参りへ(鎌田)
    あけましておめでとうございますm(_ _)m ここ数年、恒例となっている、 『中学3年生と行く、氏神様参拝ツアー♪』から(歩いて5分くらいです・・・) 友学館の2022年はスタートしました。 ここのところは特に子供たちと […]
  • 小学生が授業?(鎌田)
    ある日の小学6年生算数授業前の休み時間の一幕です。 今、学校で行っている『縮図』の単元について実寸を求める方法について 小学生たちが話していました。 そこで、Hくんが「よしっ!オレが授業するからまぁみんな座りな!」と言い […]
  • 新庄監督!(鎌田)
    さきほど、出勤前にニュースを見ていましたら、 『日本ハムファイターズの新監督に新庄剛志就任!』 とやっていました。 ぼくが野球の話をしているところを見た人はほとんどいないと思います。 他の先生たちからすると、「どうして鎌 […]