文科省が正式断念(仕藤)

昨日の萩生田大臣の会見により、

英語民間試験と記述式問題の導入が正式に断念されたことが発表されました。


昨年度の受験生に適用させると発表があった数年前。二転三転して大変不安な思いを当時の受験生や保護者の方々はしてきました。

再検討するために導入を延期すると発表があってから、この度正式に断念することにしたとの流れです。



当初から否定的な意見がありましたし、やはり・・・という意見も多くあるかと思いますが、

英検などの一般試験などでの「みなし満点」などは引き続きありそうですので、頑張って取得するのもありですね!

詳しくは英検のホームページでご確認ください(→こちら

(昨年度は、指定校推薦の出願条件に英検と記載があったので、今年どうなるのか注視します!)

さらに言うと、2025年の大学入試から(現在の中学3年生の子の大学受験時)

受験科目等に変更があります。

『情報』という科目が加わったり、

「日本史A」「日本史B」などに分かれているものが『日本史総合・日本史探究』になったりと大学受験に変更があることには変わりありませんので、情報を常に仕入れ、生徒の皆さんに還元していきます!


明日成正木校

仕藤大樹

前の記事

変わる学校教育(國井)

次の記事

インタビュー(浅野)